Archive for the ‘失敗した話’ Category


素人のFXにおける失敗談は、ひとつの原因に集約されます

投資家には、専業でやっていたり、人のお金を預かって増やす事を生業としているプロが存在します。
そしてもちろん、大部分がFXのように、インターネットを利用すれば、誰でも手軽に資産を増やす事が出来る投資法をやっている、素人の一般投資家が存在して、そんな人が大部分です。
プロと素人は、どのような差があるのでしょうか。
それは、しっかりと、何時でも利益を出し続け、最悪でも資産を守るのがプロです。
もちろん、仕事としてやっているというだけで、世界同時株安のときのように、投資信託でお客さんから預かったお金を目減りさせたような人も居ますが、生き残っている専業の人は、先に書いた素人との違いを発揮しています。
そんな、FXにおける素人の失敗談は、どんな事があるかというと、ポジションを持ったら読みと逆に行き、塩漬けになってしまったとか、逆に行ったので我慢していたら、さらに下がってロスカットされてしまったとか、そういった負けを取り返すためにレバレッジを上げたら、勝率がよくても、一度の負けで全てを失ったとか、挙げ句の果てに、失敗体験が増えたことよって、チャンスでポジションがもてないという悪循環に陥ったとかです。
これは全て、ひとつの原因に集約されます。
それはずばり、損切りが出来ない事です。
プロは、実に巧みに、これをします。
チャートを読み続けて、その中で起こった損切りなら、自分のルール通りなので成功だと受け取ったり、損切りのお金はコストだと言い切ったりします。
ご自身の失敗談を思い返してください。
上手に損切りが出来ていたら、回避できたことばかりでしょう。
それが、プロとの差なのです。