fx口座を開設する際のポイント

それでは次に、fx口座開設の方法について、考えてみたいと思います。

まず、fxを始める際に、その取り扱い業者について、調べる必要があります。
fxを取り扱っている業者は、店舗あるいはネットバンクといった金融機関であったり、
fx専門業者であったりと数多くの業者が存在しています。

そのような業者の中から、できるだけ利益を上げられる業者を選ぶということも、
fxでの資金運用を成功させるポイントになってきます。

一番重要なのは、取引をする際の手数料がどれだけかかるか、ということです。

取引を行う際には、業者を通すわけですから、その業者に手数料を払う必要があります。
手数料は、fxの世界では「スプレッド」と呼ばれており、業者によって変動があります。

スプレッドは、ほとんどの業者が、
購入する通貨の規模に合わせて、その値を設定しています。

手数料が高い業者から安い業者、無料な業者まで、その幅は広いですが、
できるだけ手数料を抑えたい方、fxを試してみたい方には、手数料ができるだけ
かからない業者がおススメです。

業者によっては、条件を満たすとある一定の金額を還元してもらえる、
キャッシュバックキャンペーンを行っているところもありますので、
そのような業者を選んでfxをしてみるのも、ひとつの方法だと思います。 

また、手数料の他、「スワップ金利」についても考慮する必要があります。
スワップ金利とはなにか、といいますと、売買する通貨間の金利の差になります。

基本的に、日本円の金利は安く、外貨の金利が高い傾向にあります。
ですので、外貨をfxで購入し、保有し続けると、
その分の金利差が自然と利益になり、増え続けることになります。  

しかしもちろん、外貨から日本円に将来的に換金する際は、
逆にマイナスの金利差がでる場合がほとんどですので、できるだけ金利が良いときに、
売買を行うことが、利益を上げるポイントになります。

まとめると、「スプレッド」と呼ばれる手数料ができるだけ安く、
「スワップ金利」ができるだけ高い業者を選ぶことが、fx業者を選ぶ重要ポイントです。