トレードから税金までFXの体験談について

私はFXを始めて4年になりますが、その間に色々ありました。
最初は、外貨貯金よりお得で流動性があり、便利だと言う理由から始めましたが、現在ではスイングトレードをしているのですから面白いです。
そういった移り変わりや、税金の話などFXの体験談について書いてゆこうと思います。
まず、なぜ、トレードスタイルを変えたのかというと、調べれば調べるほど、長期保有はリスクが伴うと感じたからです。
例えば、現在でも、ユーロのスワップが業者によって逆転していますよね。
もし、ドルコスト定率法でユーロを積み重ねていたかと思うと、ぞっとします。
さらに、私の性格上、ある程度、決済をして利益が確定した状態を繰り返さないと安心できないと言うのがあります。
長期保有で動かせないと、FXの長所である流動性のよさを利用できないですからね。
こんな感じで、色々調べたり、体験する事によって自分の投資家としての性格も分かり、トレードスタイルが変わってきました。
基本的に、長期のスタイルなら例えば含み益があったり、スワップが貯まっていても決済しなければ税金を申告する必要が無いですよね。
しかし、スイングトレードに変えると、決済をする頻度が上がり、利益として計上されますので税金を申告しなければいけません。
自営業者の私は、青色申告しているのですが、所得が急に増えることになり税務署が来て、痛くない腹を探られると言う体験もしましたね。
いずれにせよ、FXによって世界情勢に詳しくなったり、お金でお金を増やしていくと言う思考が身についたり、勉強になる事も多く、やってよかったと言う印象がありますね。
もちろん、初期の頃は分からない事も多く、ロスカットを食らい、数か月分の儲けがチャラになってしまったり、勇気を持てずに利益が小さくなってしまったなど、悔しい体験もしてきました。
でも、勉強が利益に結びついているので、本当にFXをやってよかったと、心の底から思っています。