fx以外の資産運用について

fxは、短期間でも長期間でも、
上手に利用すれば、利益を上げられる可能性が見えてきそうですが、
他の資産運用と比べて、どうなのでしょうか。

他の資産運用について、考えていきたいと思います。

そもそも、資産運用の方法は、大きく分けて、
「貯蓄型資産運用」「投資型資産運用」の2つに分かれます。

貯蓄型のほうは、普通預金や定期預金を始め、
外貨預金もこの貯蓄型の資産運用になります。

そして投資型のほうは、
株式や国債への投資、不動産への投資や、
今まで考えてきた、外国為替証拠金取引(通称:外為またはfx)による資産運用になります。    

多くの方は、この「貯蓄型」と「投資型」両方を上手く利用して、
資金運用をされているのですが、それぞれの方法で必ずしもメリットばかりで
資金が増え続けるというわけでもありません。

それではまず「貯蓄型」についてですが、
これは、金融機関の普通口座や定期口座に資金を預ける方法です。

一般的に、日本の銀行に普通預金をしても、金利が低くあまり資産は増えません。

定期預金であれば、率は上がりますが、税金も取られてしまう為、高額預けない限りは
それほどメリットが大きいわけでもなさそうです。

また、金利がよくても、その金融機関が将来倒産してしまっては、
大きなリスクを負うことになってしまいます。

しかし、大手の金融機関では、大幅に預金額が減るというデメリットは少なさそうです。
ですので、「貯蓄型」を選ぶ際には、より信用できる金融機関を選ぶことが大事といえます。

そして「貯蓄型」には、外貨預金という資産運用の方法もあります。
外貨預金は、アメリカドルやユーロなどの通貨を購入し、その通貨で預金を行うという方法です。

こちらは、円高や円安の影響を受けますので、
色々と知識を身につけて、そのレートの動きを見定めたりしつつ、預金をする必要があります。

それぞれの投資に対して、メリットもデメリットもありますが、
効率的に利益を上げるには、やはりfxがよさそうです。